So-net無料ブログ作成

虹色のヒキガエル 再発見! [カエル]

虹色のヒキガエル が再発見されました[exclamation×2]
再発見です、新種やないんですよ・・・
・・・というのはですねぇ・・・

ヨーロッパの探検隊が1924年(87年前)にボルネオ島で最後に確認して以来目撃情報が途絶えていたんです[バッド(下向き矢印)]
当時も、個体数がわずか3匹まで減ってしまったことが知られていたようで絶滅危惧種やったんですねぇ[たらーっ(汗)]

しかも[exclamation] 写真に撮影されたのは今回が初めて[exclamation×2]

標本はこれまで3体しか存在せず、1920年代に描かれた白黒のスケッチが1枚残されているだけだったと[あせあせ(飛び散る汗)]


ハイ、その初の写真はコチラ~[揺れるハート]
虹色ヒキガエル.png

サンバス・ストリーム・トード(Sambas Stream Toad)というヒキガエルです
ボルネオ・レインボー・トード(Borneo Rainbow Toad)とも呼ばれるそうです
学名はアンソニア・ラティディスカ(Ansonia latidisca、コオロギヒキガエル属) コオロギヒキガエル属なんてあるんですね[たらーっ(汗)]

「四肢がきわめて長く、背中は赤、緑、黄色、紫の色鮮やかなイボとまだらで覆われている」と説明されてました

要するに、色鮮やかな有毒の足のひょろ長~いヒキガエル[ぴかぴか(新しい)]

発見された場所は・・・

マレーシア・ボルネオ島サラワク州とインドネシアの西カリマンタン州の境にある西サラワク高地のジャングルの中
(地図が頭に入ってないからどこらへんか全然わかんない[あせあせ(飛び散る汗)]

成体のオスとメス、それにまだ若い個体の全部で3匹を発見[目]
3本の別々の木で、地上2メートルのあたりにいたみたいです

なんか、えらく「」という数字がかかわってる気がするのはうちだけかしら[たらーっ(汗)]


ヒキガエル=でっかい! っていう勝手な思い込み持っていたんですが、こちらは3~5センチっぽいです

それにしてもホントに足が長いな[ぴかぴか(新しい)]
まだまだ見たことない変わったカエルがいるんやろうな~って思うとワクワクします[揺れるハート]
nice!(21)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 21

コメント 6

オカジュン765

こんばんわ。まいど訪問おおきにです。
グロいカエルですね。おたまじゃくしの時はどんなんでしょうか?
本の件は私が勝手に挨拶文をつけて送りつけたので向こう側にしたらありがた迷惑だったのかも知れませんね。ちょっと寂しかったので愚痴ってしまいました。スイマセン。
by オカジュン765 (2011-07-15 21:22) 

MK

写真の様相だと体色が景色と一体化して
カメレオンみたいに見えます。
by MK (2011-07-15 22:25) 

さちるださん

毒々しいカラフルなカエルですね!
このカエルをみかけたら逃げます・・・怖いw
by さちるださん (2011-07-16 01:29) 

なまけもの

オカジュン765さん
オタマジャクシ確かにどんな感じなんでしょうね^^
真っ黒なんかなぁ・・・

by なまけもの (2011-07-16 12:58) 

なまけもの

MKさん
背景とかぶってますよね^^
確かにうまく隠れていますよね
私なら見つけられなそうです^^;
by なまけもの (2011-07-16 12:59) 

なまけもの

さちるださん
私ならまず近寄るかもです^^
色からしていきなり触らないとは思いますが^^;
by なまけもの (2011-07-16 13:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0